下松の歴史


下松市は、名前の由来にもなった星が降ったという伝説があります。推古天皇の頃(西暦595年頃)鷲頭庄青柳浦の松に大星(北辰星ともいわれている)が降り、7日7夜光輝き「百済の皇子がこの地へやって来る」とのお告げがあったそうです。それから3年後に百済からやってきた皇子が琳聖太子といわれています。人々は社を建て、大星を祭りました。このことから「星が降った松」が「降り松」となり後に「下松」となったといわれています。

かなえの松
石碑
かなえの松

下松は、昔青柳浦と呼ばれていた。下松と呼ぶようになったいわれを語る伝説がある。
「大内氏実録」の下松妙見縁起によると
「推古天皇(女帝)の三年(595)9月18日、都濃郡鷲頭庄青柳浦の老松に大きな星が降りかかり、七日七夜の間、目もくらむばかりに光り輝いた。里の人は、これはただごとではない」と恐れていた。その時、占いをかる人に神がかりしてお告げがあり、
「われは北辰の精である。今より三年の後、異国の太子が来朝される、その守護の為、ここに天降ったのである」
と告げた。里の人々は、急いでやしろを建てて、その星を北辰尊星王大菩薩(ほくしんそんせいおうだいぼさつ)として祭り、里の役人はこれを時の天皇に伝えたという。
北辰の精が松の木に降ったというので、それまでの青柳浦を「降松」と改め、その後、今の「下松」と書くようになったといわれている。この異国の太子とは百済王聖名の第三子、琳聖太子といい、大内氏はその子孫と伝えられている。
下松駅の北口、北斗町の町の中に立っている一本の松を、「かなえの松」という。下松地名の起源となった七星降臨の松といわれ、その木の下に、降臨の星を祀ったという金輪社がある。
松の木のそばには、「下松発祥の地、七星降臨 鼎(かなえ)の松」という文字を刻んだ自然石の大きな石碑が建てられている。昔は、三株の大きな松の木が鼎の足の形に立っていたのである。
下松の地名については百済津(くだらつ)から転訛したという説も有力である。
花岡八幡宮
あかいぼうとうば
花岡八幡宮と閼伽井坊多宝塔(あかいぼうたほうとう)

花岡八幡宮は、花岡山にあり、和銅二年(709)豊前国(今の大分県)宇佐八幡宮より御神体を勧請して創建した、古いお宮である。祭神は誉田別尊他四姫命、神功皇后である。その他に、揚林坊、常福坊、千手院、閼伽井坊、香禅坊、惣持寺、長福寺、関善坊等の八社坊を建立したとあるが、現存のものは閼伽井坊のみである。年代は不明であるが、社領八箇国分限帳に「百三十六石、花岡八幡坊領共」と記されており、内容も充実し、隆盛を極めた。
境内に国の重要文化財に指定された閼伽井坊多宝塔がある。
この多宝塔の建造年代については、藤原鎌足の建立と伝えられ、日本十六塔の一つであるともいわれているが、その建築様式から室町時代中期から後期にかけての建造ではないかと推定される。
また昭和三年解体修理の際「永禄三年庚申年(1560)」の墨書ある木片が発見され、あるいはこの字が建立年代を示す資料とも考えられる。
方三間二重塔婆、屋根はこけら葺きで、総高13.5m、内部須弥壇には金剛界大日如来が安置されている。
建物の外部も形がよく整っており、当代の多宝塔として他に遜色のないものである。
その外、八幡宮には市の指定の有形文化財として、破邪の御太刀一口がある。長さ3.6mで、安政六年(1859)藤原国綱の作、この年はちょうどこのお宮の式年大祭に当り、氏子が、刀匠国綱に製作を依頼したもので、弟子五人、手伝二人を従え、砂鉄三百貫を鍛えあげ、川をせきとめ、焼きを入れて作りあげたという。
また、寛永元年(1624)に花岡八幡宮に寄進された鉄造鰐口があり、市指定文化財となっている。面径(直径)36.3cm、面厚17.8cmである。

花岡稲荷ときつねの嫁入り

花岡の上市にある法静寺の住職は、徳の高い人として知られ、人びとにしたわれていた。享保九年(1724)のある日、徳山へ出かけたが、帰りは日が暮れてしまった。遠石から久米に出て、坂を越えると、寺のある上市はすぐそこであった。ここまで来て、住職は自分の手に数珠がないのに気づいた。探してみたが、道は暗く遂に発見できなかった。
仕方なく寺に帰って床に就いたが、失った数珠のことが気になり、なかなか寝つかれなかった。それでもいつの間にか、うとうとしていた。
住職の枕許へ何かが立って
「私たちは、わけあってしらむが森に死んでいる夫婦の白キツネです。今晩、数珠を届けに参りました。その代わり、私たちの遺体を人様と同じように、このお寺に引きとって下さい。そうして下されば、お寺や里の人びとを災難から守ることをお約束します」
という声を聞いて目が覚めた。驚いたことに無くした筈の数珠が枕許にあるではないか。住職は、すぐに白キツネの遺体を引きとって、人間同様に手厚く葬り、供養をしてやった。それ以後、失せ物、たずね物が見つかるという霊験があらたかで、この寺に参る人が増えていったという。
この夫婦キツネは、福徳稲荷として法静寺の境内に祭られ、毎年十一月三日の「稲穂祭」には遠近より多くの参詣者があり、戦後「きつねの嫁入り」行列が行われるようになって、更に有名になった。この行列に参加すると良縁が得られるといわれ、若い未婚女性の人気を集めている。また春の初午祭にも多くの参拝者がある。

 

・写真集「くだまつ・花岡 稲穂祭 きつねの嫁入り
お問い合わせは「下松市観光協会」までお願い致します。

参考資料:周南地方歴史物語「瀬戸内物産(有)出版部」より転載

--- HOME観光歴史行事宿泊交通特産品・お土産リンク ---